プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。   6月 25日、更新
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

ブログランキングならblogram
それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
神社地図 東京都編
私が巡ってきた神社地図です。 旧ブログ記事ともリンクしています。 字の横の四角い部分をクリックし、地図をクリックすると大きな画面になります
〇おすすめの狛犬さんのいる神社 〇狛犬さんのいる神社 〇その他の神社 で分類しています。
神社地図 神奈川県編
私が巡ってきた神社地図です。 旧ブログ記事ともリンクしています。 字の横の四角い部分をクリックし、地図をクリックすると大きな画面になります
フォローおねがいします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
よろしくお願いします
当ブログ記事の文章・写真の無断転載を禁止いたします。
QRコード
QR

2017.06.18    カテゴリ:  その他 

   亀石(高市郡 明日香村川原)

さて、以前に東大寺二月堂のお水取りのご紹介をいたしましたが、その前後に奥さんと2泊3日で奈良と京都を巡ってきました。

その時の模様を3月番外編として、今日よりお届けします。

まず1日目は、新幹線で京都へ。
そして近鉄に乗り換えて宿泊先のある奈良の橿原神宮駅に出て、そこでレンタカーを借りて、奈良を巡ります。

まず、最初に訪れたのは、亀石です。
亀石(高市郡 明日香村川原)2

車に乗っていて明日香村に近づくにつれて感じていた違和感が、ここで爆発しました!

今を去ること約30数年前、まだ奥さんと付き合っている頃、自転車でここを訪れているのですが、その時はもっと鬱蒼とした中、舗装もされていない道を必死に漕いで、林の中にポツンとあるイメージだったのですが、びっくらこん。
亀石(高市郡 明日香村川原)4

亀石(高市郡 明日香村川原)5

亀石(高市郡 明日香村川原)3


綺麗に舗装された道をちょっと入った所にでーんとひかえていました。しかも手前には無人販売所があったり、バックには家が建って至りと、時の流れを感じました。
亀石(高市郡 明日香村川原)6

明日香村ってもっと鄙びたイメージがあったのですが、完全に観光地になってますねぇ。




本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。

スポンサーサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

ブログランキングならblogram
こんにちわ。

有名な亀石、以前明日香を訪れて見学しました。のどかな風景の中にぽつんとというイメージだったのですが、見学者も多く、レンタサイクルの集団もありで少し驚きました。

見どころも多く、また訪れてみたい場所です。
飛鳥はたしかにかなり見学しやすいさ、、、というか観光地化がすすみましたね。
亀石こんにゃく?みたいなものも売っていたり、と。
道路等が自転車で走りやすくなったのはよいことなのですが、
むかしからそのままの雰囲気が薄れてきたのは、
ファンの一人としてすこし哀しさもありますので、同感です。
この石は、夜な夜な動きますね。。v-17
たっつん様
私も四半世紀以上前に妻とレンタサイクルで訪れたことがあります。
その当時はまだまだ農村的な雰囲気であったように記憶しておりますが、
古都飛鳥も都市化が進んでいるのでしょうね。
亀石の後ろに家なども写っていますね。
いずれ、変化の状況を確認しに行きたいと思います。
 路傍学会長拝
kame-naokiさんへ

コメントをいただきありがとうございました。

以前、私が訪れた時はほかに観光客もいなかったような、そんな時代でした。
時代の流れを感じましたね。
雨男博士さんへ

コメントをいただきありがとうございました。

亀石こんにゃくというのがあるんですね!

以前の印象とあまりにも変わったので、今回の訪問では本当にびっくりとしました。
ずっと見てこられた方にとっては、やはり哀しいことでもあるのでしょうね。
ボスさんへ

コメントをいただきありがとうございました。

ゴゴゴッっていう感じでしょうか!
路傍学会長さんへ

コメントをいただきありがとうございました。

酒船石は見なかったのですが、石舞台の横を車で通った時も公園のように整備されていて、本当に観光地という感じになっていました。
本当に変わりましたねぇ。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog