プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。   8月 13日、更新
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

ブログランキングならblogram
それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
神社地図 東京都編
私が巡ってきた神社地図です。 旧ブログ記事ともリンクしています。 字の横の四角い部分をクリックし、地図をクリックすると大きな画面になります
〇おすすめの狛犬さんのいる神社 〇狛犬さんのいる神社 〇その他の神社 で分類しています。
神社地図 神奈川県編
私が巡ってきた神社地図です。 旧ブログ記事ともリンクしています。 字の横の四角い部分をクリックし、地図をクリックすると大きな画面になります
フォローおねがいします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
よろしくお願いします
当ブログ記事の文章・写真の無断転載を禁止いたします。
QRコード
QR

2017.07.31    カテゴリ:  愛知県 

   土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)

さて、次のご紹介の前にちょっと寄り道。

1日目はまず愛知県の岡崎からまわったのですが、この岡崎という地は狛犬さんと深い関わりがあります。

皆様がよく目にする狛犬さんのほとんどは(地域によっては違うと思いますが)、このタイプの狛犬さんではないでしようか。
岡崎型2 岡崎型1
これは「岡崎現代型」と言われ、大正期に石工・酒井孫兵衛(6代目)が創作し、その作り方を公開したため、瞬くに全国に広まったタイプの狛犬さんで、今はそのほとんどが中国です。

円丈師匠は「しょうわ」小寺慶昭氏は「こまやん」と呼んでいるこの狛犬さん。私は「いつもの子」と呼んでいますが、頑張ってたどり着いた神社にいるのがこの子だと、結構ガックリきます。(いつもの子すらいない地域もありますし、最近は少しデザインを変えた子に出会うこともありますが……)

ということで、今回は「いつもの子」ではない岡崎の狛犬さんを巡って行きましょう。



1日目、1社目のご紹介は土呂八幡宮です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)1

社号標です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)2

一の鳥居です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)3

扁額です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)4

ご由緒書きです。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)5

土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)11

二の鳥居です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)6

扁額です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)7

参道が少し下がっていきます。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)8

手水舎です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)9

狛犬さんです。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)26 土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)22

土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)27 土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)23

土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)28 土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)24

土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)29 土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)25

土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)30

土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)31

拝殿です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)10

土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)13

土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)14

扁額です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)12

本殿です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)15

土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)16

末社の白山社です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)18

神輿庫です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)17

土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)19

神馬の像です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)20

舞殿です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)21

末社(秋葉社・稲荷社)です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)32

土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)33

土呂天神です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)35

大仏殿です。
土呂八幡宮(岡崎市福岡町南御坊山)34




本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。
スポンサーサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

ブログランキングならblogram






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog