FC2ブログ
プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。 2月21日更新         
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら そして、 ホームページ 「杜の神社と狛犬さん」
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
フォローおねがいします。
杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
検索フォーム
カテゴリ
よろしくお願いします
当ブログ記事の文章・写真の無断転載を禁止いたします。
QRコード
QR
月別アーカイブ
カテゴリー 《 たっつんのモノローグ 》   全20ページ
このページのリスト
前のページへ ◄ ► 次のページへ

2020.12.30    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   魔の誘惑には負けないぞっ‼

先日、ご紹介した新兵器のEOS RPですが、こて試しに地元の日枝神社を撮りに行った時の写真です。

今まで使っていたEOS kiss Mも標準ズームを入手したことから、撮り比べをしようと思いましたが、そのままでは面白くないので、こちらは白黒モードでいってみました。



一の鳥居です。
日枝神社 カラー11

日枝神社 白黒1

二の鳥居です。
日枝神社 カラー1

日枝神社 白黒4

狛犬さんです。
日枝神社 カラー5  日枝神社 カラー4

日枝神社 白黒8  日枝神社 白黒7

拝殿です。
日枝神社 カラー3

日枝神社 白黒6



こうやって見ると、普段白黒は35mmフィルムカメラで狛犬さんのみ撮っているので、鳥居や社殿の白黒写真というのも新鮮でいいものですねぇ。
ピント合わせもいらないし、露出もオートだし………

いっ いかん‼
ついつい楽な方に行こうとしてしまっている。
根性が続く限り(実は懐具合だけど)35mmで、一枚一枚に気合をいれて、「白獅子・黒狛犬」を撮っていかねば‼



追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県・宮城県・長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県・京都府・大阪府の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2020.12.29    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   狛犬本のご紹介 「狛犬さんぽ」

本日は狛犬本のご紹介です。

狛犬さんぽ
狛犬さんぽ

今までいろいろな狛犬本と出合ってますが、これはかなり上位に位置するくらいおすすめの本です。

全国各地にわたる個性的な狛犬さんがたくさん紹介されています。
私があった子もいますが、ほとんどはまだ出会えていない子ばかりです。

この本ではとくに各狛犬さんのおすすめポイントを紹介しているところがいいですね。
私は狛犬さんの一つの魅力が後姿だと思っています。
尾の形はまた違った狛犬さんの魅力ですよね。

また、尾つながりですが、子狛のおしりっ‼
子狛のおしり
これは本当にカワイイ♡ 
皆様も子狛に出会ったらぜひお尻をご堪能下さいませ。

これからもこのような狛犬本が多く出てくることを切望します。

狛犬 フォーエヴァー







追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県・宮城県・長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県・京都府・大阪府の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2020.12.04    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   さよならのkiss

うわぁ、このタイトルはなんじゃい!!
たっつん、ついに血迷ったか!?
そう思われてもいたしかたなし。
急いで黄色い救急車を呼ばねば、と思われたそこのあなた。
しかし、これは色っぽい話しでも何ともなく、私の愛用のカメラの話。

私がアナログ一眼からデジタル一眼に乗り換えたのが約10数年前。
時代の流れもあったと思いますが、元カメラ販売に携わったものとして、やはり新しいものにチャレンジしたいという気持ちもありました。

そこで、最初に選んだのがCanonのEOS kiss digital X。
Canonは初めて使うメーカーでしたが、大昔にA1という機種がペンタ部(てっぺんの三角の所)に重要なパーツが入っているので、ちょっとぶつけただけで壊れる(?)というまことしやかな先輩の情報を聞いていたのと、レンズ類も含めてシステムが高額な事を考えると、Nikonと共に手が出しずらかったメーカーでした。
しかし、このEOS kissシリーズはターゲットが初心者・ファミリーユースということもあり、更にシグマ(某交換レンズメーカー)のダブルズームセット(標準ズームと望遠ズーム)でかなりお得感もあり、他のメーカーもいろいろいじってみた上で、シャッターボタンの感触が良かったところが購入の決め手となりました。

その後、デジ一眼の2台目として、EOS kiss X5を購入するも、①レンズ交換がめんどくさい為、一本で高倍率のズームへと走り、容積・重量が増した。②さらによせばいいのに縦位置のグリップを安定させようと、バッテリーグリップまで装備。
そのため、本来ファミリーユースの小型一眼が(見た目だけ立派な)お高いカメラに見えてしまい、お宮参りにみえた方が「こいつなら写真も上手かろう」と声をかけられることもしばしば。(ただ差し出されるのがスマホなんだよねー。カメラならわかるけど、人のスマホなんてシャッターはここって教えてもらわなければわからんわ。)
しかし、一番は重量の増加がネックで、3代目はミラーレスに移行します。

ただ問題は、ミラーレスであるが故にその小型化と共に、構図を液晶画面で決める機種ばかり。
古い人間ですので、ファインダーを覗かないと写真が撮れない為、オプションででも電子ビューファインダーのつくものを捜していてみつけたのが、EOS kiss m。
キャノンEOS Kiss M 3

これは小型で良いのですが、前のX5から引き継いだタムロンの16-300なんぞをつけたものだから、バランスがわるいことおびただしい。
また、ビューファインダーの作動がいまいちの所もあるのですが、ずるずるそのまま使っておりました。

 
しかし、今回のEバイク購入で、一回貯金を切り崩してからちょっと箍が外れてしまったようで、「うっ、新しいカメラが欲しい。えーい、来年は赤いちゃんちゃんこが似合うお年頃だし、自分へのご褒美に買っちゃえー!!」
と、事はそう簡単に決まった訳ではないのですが、なんだかんだで家に来た4代目のカメラがEOS RPです。
カメラ2

こちらはフルサイズのミラーレス一眼で、イメージセンサーがAPS-CのEOS kiss m(右)と比べてもこんなに大きい。
カメラ4

それでいて、サイズはそんなに変わりません。内蔵ストロボはついていませんが、元々ストロボは使わないので問題ありません。
カメラ1

また、今まではタムロンやシグマの交換レンズメーカーのレンズを使っていましたが、初めてメーカー純正のレンズを選びました。これは他メーカーに新しいRマウントに対応出来るレンズが少ない為でしたが、箱から出して思わず「軽っ!!」と思ったほどで選択は正しかったなと思っています。

今回、誕生日まで待てなかったのは、こちらのキャンペーンのせい。
本体と24-105レンズの組み合わせだと、18000円のキャッシュバックがあるのですが、期限があるので購入に踏み切ってしまいました。
 
本格的な実践配備は12月からの予定です。
新たな武器の性能を十分発揮出来るように使いこなしていきたいと思います。

さて、冒頭のタイトルですが、このEOS RPからkissの名称が無くなりましたので、こんなタイトルとなったしだいです。(笑)
詳細を読む »
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2020.10.26    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   三代目はe-bike

最終兵器導入の記事でもお伝えしましたが、この度、神社巡りのための自転車に新車を導入しました。

シルヴァ君は今回の10月の神社巡りで引退ということとなりました。

今度の自転車は今までと同様、輪行のための折りたたみ自転車ですが、決定的に違うところがあります。
それは今回の自転車はe-bikeだということです。

e-bikeとは一般的に「スポーツタイプの電動自転車」のことを指しますが、日本では走行性能が高い、またはスタイリッシュな見た目の電動自転車を言うようです。

e-bikeを導入するにあたって一番重視したのはやはり重量。
私は電車による輪行が必要なため、移動の際にその重量は死活問題です。
いろいろと探していると軽いものは結構出てきているようですが、耐久性や自分の体格(身長178cm・体重はナイショ)を考えると不安が残り食指が動きません。
しかし、頑丈さを求めると重量が20kgを超えてしまうため、それを担いで駅のホームを移動するのは至難の業です。

そこで、やっと見つけたのが本来はバイクのパーツメーカーであるデイトナが出しているe-bike「De-01」です。
自転車1
重さは、何とか担げるかという16.8kg。

こちらはノーマル・S・Xと3つのタイプがありますが、私はノーマルを選びました。
実際神社巡りで移動する際、特に坂を上るのが困難な為のe-bike導入ですので、走りがどうのというのは優先しないので、ノーマルで十分。その分、自分で使いやすくするためのオプションにお金をかけるようにしました。
自転車4

こちらが車体の後ろ部分ですが、バッテリーはどこでしょうか?
自転車2

実はこの茶色いケースの中にパッテリーが入っています。
自転車3
見た目がおしゃれなので、かなり人気のある車種らしく、さらにコロナの影響で通勤を自転車に切り替える人も多いためか、注文してからずいぶん待たされましたが、やっと家にきましたねー。

このバッテリー、USBケーブルをつないでスマホを充電することもできるので、ナビのために充電バッテリーを持ち歩く必要もなくなりました。
ただ、このバッテリー外せるようになっていますが、お店の方曰く 「この取っ手の部分を持つと本体が重いので、取っ手が取れやすいので、本体を持つようにしてください。」 ………何のための取っ手やら(笑)


まだ、ほんのちょっとだけしか乗っていませんが、やはり走り出しは凄い。坂道はまだシフトのセレクトが良く分かっていないので何とも言えませんが、スイスイ登ってくれそうです。



11月の神社巡りはデイトナ君でどこへ行きましょうかねー。



追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県・宮城県・長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県・京都府・大阪府の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2020.10.07    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   最終兵器投入

今年の夏は暑かった。
チャリで神社巡りをしていると、走っているときはまだ良いけれど、止まると汗がダー
その汗が目に入るものだから、1日巡るとお目々も真っ赤っか。

それを防ぐ為にこんなものを試してみた。
DSC_0443.jpg
額に付けると汗が溝を通って横に排出されるベルトです。

使ってみると確かに目に入る汗の量は激減しました。
しかし、参拝時はヘルメットをとっているので、まるで孫悟空の緊箍児(きんこじ)

このままではあんまりなので、上に鉢巻きをつけてみました。
DSC_0444.jpg



しかし、ここ数ヶ月の神社巡り。
余りの暑さにこんな対策も焼け石に水。
天候が悪かったのもありますが、体力もだいぶ落ちていて、相変わらず坂道は押して登らなければならないので、ペースも悪く、ルートをすべて回りきれずに断念するパターンが続いてしまいました。

私、このままではいけないと決心しました。
こうなったら最終兵器を繰り出そう。
ついに新車導入に踏み切りました。

動き始めたのが、7月半ば。
店舗に行って実車を見てみましたが、今はコロナの影響で通勤などの移動に電車から自電車に切り替える人が多く、入荷予定もたたないので、予約も受け付けられない状況ということでした。

その後、ウェブでチェックしていたら秋ごろに入荷予定のめどが立ち、予約を受け付けられるようになったということで、さっそく予約そこからさらに二か月弱、先日店舗から連絡が入り、やっと入荷したとのこと。
しかし、他にも整備しなければならない台数が多いので、お渡しにはもう少し時間がかかるそう。
ええ、ここまで待ったんだからあと少しぐらいは待ちますよ。
ということで、今月半ばには待望の新車が家に来る予定です。

年齢や体力を考えても、今のペースで自転車による輪行の神社巡りもあとどれだけできるのかは甚だ疑問。
多分、この新車導入が最後になると思います。


思えば、私の神社巡りの三種の神器、カメラ、ナビゲーション用GPS、自転車の全てが3代目となります。約10年、時の流れを感じますね。

今までよりも快適に神社巡りができるように、新しい相棒を待ちたいと思います。



追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県・宮城県・長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県・京都府・大阪府の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ



Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog