FC2ブログ
プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。 3月29日更新         
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら そして、 ホームページ 「杜の神社と狛犬さん」
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
フォローおねがいします。
検索フォーム
カテゴリ
よろしくお願いします
当ブログ記事の文章・写真の無断転載を禁止いたします。
QRコード
QR
月別アーカイブ

2020.03.22    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   ほとがらを撮られると魂を抜かれる

私は写真を撮り始めてから多分40数年ほど経ちますが、相変わらず人を撮るのは苦手です。
特に “さあ、撮りますよ” という感じの写真はダメですね。つい撮った後の表情が緩んだ瞬間にもう一枚撮りたいという気持ちにとらわれるへそ曲がりです。

そんな私ですが、神社を撮っているときはテンションマックス‼
たとえ、自転車で走り疲れていても、社頭に立つだけでスイッチが入ります。
神社の中をうろうろと撮りまわる姿は、多分はたで見ていると 「危ないオヤジ」 に見えるのでしょうが、そんな時に一番困るのは 「あのー、写真撮ってもらえますか」 と声をかけられること。
ことに多いのが七五三や初宮参りの方々ですが、私が 「今、集中しているのだから話しかけるなよオーラ」 を全身から漂わせているにもかかわらず、命知らず(笑)にも声をおかけになる。
しかもそんな時渡されるのは必ずスマホ。昔カメラ店に勤めていたので、カメラだったら大体はわかりますが、スマホにはファインダーがない (コンデジもないですけどねぇ)ので、構図が決められない。しかも 「シャッター どこ?」 
ご自分のスマホなら当たり前なんでしょうが、パッと渡されてすぐに撮れるかー。
まあ ニコッとわらって 「いいですよ」 と対応しますがねぇ。
昔、奥さんと出雲大社に行った時に、勢溜のところで女性2人に 「あの看板のところで写真を撮ってください」 と社号標を指さして言われた時には、社号標だけフレーミングしてやろうかと思ったなぁ。今はすぐにモニターで確認できるけれど、フィルムカメラの頃なら、現像した後 「なにこれ⁉」となること請け合いだったろうなぁ。(笑)

人を撮るのは苦手だけれども、自分が撮られるのはさらに苦手です。
自然なスナップならいいですが、いざ撮られると意識すると 「どんな表情をすれば……」 となってしまい、だいたい表情が死んでますね。
人相が悪く写るのでよく言われるのが、自動車の運転免許証ですが、最近はだいぶ良くなっているように思いますが、最近仕事の資格証で、必要書類と証明写真機で撮った写真を送って出来上がってきた資格証をみてびっくり‼
あまりにも露出がアンダーでまるで犯罪者(笑)。
今の証明写真機はモニターで仕上がり状態を確認したうえでプリントできるので、まあまあと思ったものを添付したのですが、「ここまでアンダーにするって……」
確かに ほとがらを撮られると魂を抜かれるのは本当だったぁ。




追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。




スポンサーサイト



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2020.02.20    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   機種変更もだけれど、これは如何なものか

私の使っているスマホ。 
2年過ぎた頃から、時々画面が凍る事が出てきて、こりゃオヤジギャグを聞かせすぎたかな(笑)と思っていましたが、更にバッテリーのもちも悪くなってきました。

そこで奥さんにお願いして、ヨド○シへ。
前から機種も決めていたので、じゃあこれにしようというところまでは良かったのですが、「黒は品切れです。」と無情な店員さん。あー、確か前回も黒が良いかなと思っていたらやはり品切れだったというデジャヴがよみがえる。
結局無難な白を選択しました。

それでも未練があってケースは黒にする(笑)
IMG_20200218_075317.jpg IMG_20200218_075328.jpg

しかーし、機種変更ってアプリやデータの移行がメンドイ~。まぁ、そこはちょっとずつやるにしても、お気に入りのアプリが今はダウンロードできなくなっていることも多く、それも移行出来たら良いのになぁと思います。

で、機種変更のついでに、家のネットの事を聞いてみたら、今のau光ホームが1Mで、新しい5Mと料金がほとんど変わらないという事だそうです。こちらも最近ネットが遅いなー、パソコンを赤く塗って角をつけたら速くなるかなーなんて事を考えていたので、一緒に変えちゃおうかと思っていたら、思わぬ落とし穴が………。
店員さん曰わく、「今の契約を一旦解約して、ウンタラカンタラ……ただし、今のメールアドレスが使えません。追加で200~300円払えば使えますが」とここまではいいわさ。

店員さんから留めの衝撃の一言
「固定電話の番号も変わります。」

ぬぅあにぃー!!
それって何でと思ったら、今は光のIP電話なので、これを他のIP電話に変えるには番号も変えなくてはいけないそうなんです。
いや、今は固定電話はほとんど使わないにしても、いろいろな契約事項を今の番号で登録しているので、それは拙い。

結局、諦めなければならないかと思っていたら、奥さんがその場でググって、「最初NTTで契約し、その後IP電話にした場合に限り、再度NTTに戻す事が出来て、番号もそのまま使える」ということらしい。

NTT東日本のホームページを調べて見ると、休止中の電話加入権を利用した「復活」の手続きとなります。と書いてありました。

そうかぁ、復活の呪文を唱えればいいのかっ!
えっ、まてよ。
私、FF派だったからドラクエやったことがないので、「復活の呪文」がワカラナーイ (-_-;)



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2020.02.03    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

    神々だけに許された地 秘境神社巡り

さて、本日ご紹介するのは「神々だけに許された地 秘境神社巡り」という本です。 

秘境っていうとつい連想してしまうのが川口探検隊(笑)

♪川口浩が洞窟に入る カメラマンと照明さんの後に入る。

いやぁ、今思うとヤラセの極地でしたねー。

と、脱線はここまで。 

神々だけに許された地 秘境神社めぐり
渋谷申博
ジービー
売り上げランキング: 282,109


序から著者の言葉を引用すると『本書でいう“秘境“とは、旅雑誌や旅行番組が取り上げるような「交通が不便で行きにくい場所」のことではない。神話の世界に通じるような場所、聖なるものへの畏れを思い出す場所である。』と述べられています。
この本にはそんな神社が全国113社ご紹介されています。

それぞれの神社には、著者による神社の秘境度が星印で分類されています。一つは交通の難易度(公共交通機関を使用した場合のアクセス難易度)もう一つは体力の難易度(徒歩による参拝コースの難易度)なんですが、これが凄い!
日本の神々は自然崇拝からきている事が多く、山、海、川や滝などを崇め、そこに社殿などを祀る為、その場所は畢竟秘境と言わざるを得ない山頂や海岸の岩場、島などにもなるのですね。

実際にはなかなか山頂には参拝が難しい為に麓の遙拝所を設け、そこを里宮としているのですが、山頂にある奥宮に行くためには登下山で4~5時間とか、鎖場があるとか本格的な登山の準備が必要な所が多いのですね。また、公共交通機関も電車やバスの便数が少ない所が多く、レンタカーやタクシーの利用がおすすめと記されています。

もうこれを見るだけでも、公共交通機関による輪行に頼っている私としては、お手上げ状態ですねー。
私が本格的に神社をまわり始めたのが10年ちょっと前。そろそろ50歳に手が届く頃でしたから、当然体力も下り坂。ああっ、あとせめて20年若ければ、体力的にも「行ってみようか」となるのでしょうが、正直きついなー。

本書に紹介されている神社の中で、実際に行った事があるのは17社。これから先に何社まわれるかはわかりませんが、機会があれば、行って見たい神社ばかり。
まぁ実現するまでは、この本の中で空想の翼をひろげてみましょうかね。



追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2020.01.01    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   今年もよろしくお願いします

2020年が始まりました。

今年は喪中の為、新年のご挨拶は控えさせていただきます。

さて、例年は2年参りに行き、氏神様の境内の様子をお送りしていたのですが、今年は取りやめましたのでさてどうしましょう?

ということで、例年は私だけが氏神様に2年参りに行っていたのですが、家族はどうしていたかというと、毎年あるイベントに参加していたのですね。

場所は両国。
国技館
そうそれは年忘れ大相撲大会……ではなく

DSC_0070.jpg
なんだなんだ、この幟は

DSC_0074.jpg
おおっ

さだまさしカウントダウン in 国技館
DSC_0071.jpg

ということで、今年は私もそちらにお邪魔することとなりました。

奥さんは40数年来のさだまさしさんファン。
ということで、家の車のBGMもほぼさださん。
2人の子供たちも胎教の時からずーっと聞き続けているので、さださんの曲がインプットされています。

今日はコンサートの後に続けてNHKの生さだがあるので、全部終わるのが3時近くになるって。
果たして私は徹夜に耐えられるだろうか。
マス席で眠りこけているオヤジがいたらそれは私です。
ちなみにこの記事は奥さんの検閲を受けてます(笑)

さて、明日からは通常プログラムに戻る予定です。

追記
ホームページ 神社データベース 「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県の神社地図とデータベースを公開中。
また、あたらしくバーチャル参拝タッツン神社もやってまーす。
よろしかったら覗いてみてください。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2019.12.31    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   今年もお世話になりました。

今年も今日で終わり。
ついこの間平成になったと思ったら、もう令和となり、時の流れは早いものだとつくづく思います。

今年も多くの神社と狛犬さんとの出会いがありました。

その中で大きな出来事を3つあげるとしたら、まず家族と行った鹿児島・宮崎への旅行ですね。
初めて足を踏み入れた鹿児島では霧島神宮を参拝したり、桜島の埋没鳥居を見たりと楽しめましたし、指宿では砂風呂も初体験しました。宮崎ではこれも初めての鵜戸神宮や青島神宮にも参拝できました。今回も家族があちらこちらの神社に付き合ってくれました。ありがたいことです。

2つめは、大阪おっさん一人旅。大阪は久しぶりでしたが、おっさん顔の狛犬さん満載で、神社巡りを堪能できました。
やはり自転車を持っていくと行動範囲が各段に広がりますが、ついつい欲張って長いルートを組んでしまいます。今回もかなり計画倒れとなってしまいました。

どちらの旅行も天気がいまいちだったのが残念ですが、こればかりはどうしようもないですねー。

そして、最後に念願だったホームページの立ち上げを出来たことですね。ずっとブログの隅っこにGoogleMapのMymap機能を使って、参拝した神社地図はアップしていたのですが、もっと見やすく整理出来ないかと思って試行錯誤しながらホームページを作りました。まだまだ未完成で手直しすべきところは多々ありますが、神社データベースとして少しでも神社を参拝される方の参考になれば良いなと思い奮闘中です。どうか暖かい目で見守っていただけたら幸いです。

さて、今年は皆様にとってどんな年だったでしょうか?
来年もどうか素晴らしい年になることをお祈りいたします。

ではよいお年をお迎え下さい。



さて、毎年恒例のたっつん神社ですが、今年は当ブログには載せません。


もしかして毎年楽しみにしていた方……でも大丈夫。
なぜなら今回は私のホームページ 「杜の神社と狛犬さん」 に一つのコーナーとして独立させたからです。
よろしければこちらから、「たっつん神社」を選んでご覧ください。
神社 1a



追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ



Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog