FC2ブログ
プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。   9月 16日、更新
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

ブログランキングならblogram
それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
神社地図 東京都編
私が巡ってきた神社地図です。 旧ブログ記事ともリンクしています。 字の横の四角い部分をクリックし、地図をクリックすると大きな画面になります
〇おすすめの狛犬さんのいる神社 〇狛犬さんのいる神社 〇その他の神社 で分類しています。
神社地図 神奈川県編
私が巡ってきた神社地図です。 旧ブログ記事ともリンクしています。 字の横の四角い部分をクリックし、地図をクリックすると大きな画面になります
神社地図 埼玉県編
私が巡ってきた神社地図です。 旧ブログ記事ともリンクしています。 字の横の四角い部分をクリックし、地図をクリックすると大きな画面になります
フォローおねがいします。

2030.01.01    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   神社地図について(常にトップにきます。)

私がブログでご紹介してきた神社をまとめました。

東京都の神社、全956社(平成29年12月31日現在)のデータベースです。

詳細を読むをご覧ください。
詳細を読む »
スポンサーサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

ブログランキングならblogram

2030.01.01    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   神社地図 埼玉県

こちらは埼玉県版です。

詳細を読むをご覧ください。
詳細を読む »
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

ブログランキングならblogram

2018.09.05    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)

2日目、9社目のご紹介は亀岡八幡宮です。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)1

扁額です。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)2

ご由緒書きです。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)3

橋を渡ります。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)4

階段の上には狛犬さん。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)5

狛犬さんです。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)10 亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)6

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)11 亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)7

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)12 亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)8

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)13 亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)9

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)14

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)15

手水舎です。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)16

またまた階段!!
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)17

手水舎です。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)18

手水鉢に鶴というのは珍しいですねぇ。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)19

狛犬さんです。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)43 亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)39

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)44 亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)40

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)45 亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)41

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)46 亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)42

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)47

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)48

拝殿です。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)21

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)22

扁額です。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)20

本殿です。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)23

末社の高良玉垂神社です。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)24

狛犬さんです。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)29

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)30

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)31

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)32

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)49
相方はいませんでした。

お社です。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)25

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)33

末社の豊受稲荷大明神です。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)26

祠です。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)27

神輿庫です。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)28

かなり風化した狛犬さんが1人。
亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)34

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)35

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)36

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)37

亀岡八幡宮  (仙台市青葉区川内亀岡)38



本日も皆様にとっていい1日となりますように。
そして、また明日も。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

ブログランキングならblogram

2018.08.15    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   仙台の狛犬さん達にFall in Love

さて、遂に6月の神社巡りのご紹介です。

6月はちょっと有給を取りまして、久々におっさん1人旅に行って来ました。
いつもは関西方面に出張っているのですが、今回は全く違うところに行ってみたいと思い、白羽の矢をたてたのが仙台の地。

まだ会った事のない東北の狛犬さん達を堪能したいと2泊3日で宿をとりましたが、問題はその巡り方。調べてみると仙台はDATE BIKE というレンタサイクルがあり、市内各所にポートが備えられていて、乗り捨て自由という便利さ。シルヴァ君で輪行しようか、こちらを利用しようかと大変に悩みました。

しかし、今までのおっさん1人旅では3日のうち確実に1日は雨に降られる始末で、しかも6月の1~3日と梅雨入りするかしないかの微妙な時期。
私の場合、自転車で回れるか回れないかで、移動距離が全く変わるため、巡りたい神社がいっぱいある状況ではこの選択が極めて大事です。それなので長期の天気予報を毎日チェックして、最終的に自由度の高い輪行を選ぶ決断をしました。

万が一、雨になった場合の3日分のルートも決めましたが、仙台は電車の運行間隔は良いものの、行きたい付近のバスの運行本数が非常に少ないので困りました。
何とか降らない事を祈るばかりの気持ちで旅立ったのですが、おかげ様で全く降られる事もなく、予定していた神社を制覇できました。

以前ブラタモリで仙台の東部は扇状地の為に平野だと聞いていたのですが、西に向かうにつけ一部キツい登り坂もあり、「やられたぁ」などと呟きながら、必死にペダルを漕いだのも、今となってはいい思い出となりました。

この神社巡りで出会った仙台の狛犬さん達は、江戸の獅子、京都のハンサムさん、難波のおっさん顔、出雲の構え型とはまた違う。
言葉で表すとしたら、「めんこい」& 「おもろ顔」
実際、どんな狛犬さん達なのかは、明日からのご紹介でお楽しみいただければと思います。

では、怒涛の仙台おっさん1人旅、スタートします。


ラムちゃん
ラムちゃんは鬼星仙台地方出身だっちゃ⁇


本日も皆様にとっていい1日となりますように。
そして、また明日も。




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

ブログランキングならblogram

2018.08.14    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   ちょっと待って プレイバック プレイバック ‼

♬ みどりの~なかに~たたずむ~まっかな とりい ♬

なんて歌を歌っている場合じゃないっ!

私は今 怒っているんだぞー

ことの発端は 「神社百景 DVDコレクション」

書店の店頭に在庫がないことも多いため、定期購読を申し込んでいて、 「神社百景のDVDをおねがいしているたっつんと申します」 と受付カウンターに。

いつものように支払いをし、品物を受け取る際に店員さんから一言
「今回でおしまいになります。これまでありがとうございました。」

「 へっ ………?」  

目がテンになりました。

だってこれは全60巻のはずで、買ったのは58号。

思わず、「これでおわりなんですか?」と聞いてしまいました。

表紙をよく見ると
DSC_0260.jpg

完・結・号

ちょっと 待ったぁ。
そんな話は聞いていない。

家に帰って確認しました。
第1号にはこういう記述があります。
DSC_0261.jpg

全60巻にまとめてDVD化したシリーズです。
とご丁寧にも決定しているように書いてあるじゃないかぁ。

そこで、58号で終わったいきさつが書いてないか調べてみたところ
DSC_0263.jpg
34号ではこうなっていた記述が
DSC_0264.jpg
35号ではこうなっています。

しかし、全60号から58号になったいきさつは、調べる限りではどこにも書いていない。
(同じページに 「本誌は都合により、刊行サイクルが変更されたり、休刊となることもありますので、あらかじめご了承ください。」と書かれているのみ。)

んー 前にもこの逆のケースがあったんだよねー。


♬ 馬鹿にしないでよ そっちのせいよ ♬

一度、デアゴスティーニという会社に、公表したことに対する責任についての考え方をお伺いしてみたいものです。

DSC_0266.jpg

なにはともあれ、これで定期購読も終わり。
だけれども、なーんか釈然としない結末だなぁ。


♬ 勝手にしやがれ もうやめるんだろ ♬




気をとりなおして、明日からは怒涛のおっさん一人旅のご報告ですよー。



本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。






にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

ブログランキングならblogram


Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog