FC2ブログ
プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。 5月2日更新         
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら そして、 ホームページ 「杜の神社と狛犬さん」
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
フォローおねがいします。
杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
検索フォーム
カテゴリ
よろしくお願いします
当ブログ記事の文章・写真の無断転載を禁止いたします。
QRコード
QR
月別アーカイブ

2020.05.31    カテゴリ:  旅行 

   松山城(松山市丸之内1)

2月の城巡り。
本日のご紹介は松山城です。

加藤嘉明が築き始めたお城。
門・櫓・塀を多数備え、狭間や石落とし、 高石垣などを巧みに配し、攻守の機能に 優れた連立式天守を構えた平山城。
日本で唯一現存している望楼型二重櫓である野原櫓や、「現存12天守」の城郭では松山城と彦根城しか存在が確認されていない。
韓国の倭城の防備手法である 「登り石垣」が二之丸から本丸にかけて ある。

筒井門続櫓です。
松山城(松山市丸之内)1 筒井門続櫓

松山城(松山市丸之内)2 筒井門続櫓

立派な石垣ですね。
松山城(松山市丸之内)4

松山城(松山市丸之内)8

松山城(松山市丸之内)5

松山城(松山市丸之内)7

松山城(松山市丸之内)9

松山城(松山市丸之内)11

松山城(松山市丸之内)72

石落としでしょうか。
松山城(松山市丸之内)6

太鼓櫓です。
松山城(松山市丸之内)10 太鼓櫓

松山城(松山市丸之内)14

戸無門です。
松山城(松山市丸之内)13

松山城(松山市丸之内)12

下の部分が継いであります。
松山城(松山市丸之内)15
こういうところの昔からの技術はぜひ伝えていっていただきたいものです。

筒井門です。
松山城(松山市丸之内)16筒井門

松山城(松山市丸之内)19

松山城(松山市丸之内)20

隠門です。
松山城(松山市丸之内)21隠門

松山城(松山市丸之内)18

一枚板の門扉です。
松山城(松山市丸之内)23

松山城(松山市丸之内)24

狭間です。
松山城(松山市丸之内)17

松山城(松山市丸之内)22

遠くの山頂には弘法大師の像が見えます。
松山城(松山市丸之内)25 弘法大師

松山城(松山市丸之内)58

太鼓櫓です。
松山城(松山市丸之内)26太鼓櫓

太鼓門です。
松山城(松山市丸之内)28

松山城(松山市丸之内)27

鑿の痕が凄いです。
松山城(松山市丸之内)29

場内の井戸です。
松山城(松山市丸之内)30 本丸井戸

鶴の松です。
松山城(松山市丸之内)31 鶴の松

遠くに天守を望む。
松山城(松山市丸之内)33

松山城(松山市丸之内)34

松山城(松山市丸之内)35

松山城(松山市丸之内)36

松山城(松山市丸之内)37

松山城(松山市丸之内)38

一の門です。
松山城(松山市丸之内)39 一ノ門

松山城(松山市丸之内)40

松山城(松山市丸之内)41

石垣のこういうところに遊び心が見えます。
松山城(松山市丸之内)42

松山城(松山市丸之内)43

三の門です。
松山城(松山市丸之内)44 三の門

筋鉄門です。
松山城(松山市丸之内)45 筋鉄門

内門です。
松山城(松山市丸之内)46 内門

入り口の上の部分は一枚岩ですね。
松山城(松山市丸之内)47

急な階段。
松山城(松山市丸之内)48

狭間と石落としです。
松山城(松山市丸之内)49

松山城(松山市丸之内)51

松山城(松山市丸之内)70

場内の様子。
松山城(松山市丸之内)52

松山城(松山市丸之内)54

松山城(松山市丸之内)55

松山城(松山市丸之内)50

松山城(松山市丸之内)53

天守から見えたのはあの 「ダッシュ島」
松山城(松山市丸之内)56

松山城(松山市丸之内)59

南隅櫓と十間廊下です。
松山城(松山市丸之内)60 南隅櫓と十間廊下

仕切門です。
松山城(松山市丸之内)61 仕切門

天神櫓です。
松山城(松山市丸之内)62天神櫓

松山城(松山市丸之内)63

松山城(松山市丸之内)64

松山城(松山市丸之内)65

松山城(松山市丸之内)69
 
紫竹門です。
松山城(松山市丸之内)66 紫竹門

野原櫓です。
松山城(松山市丸之内)68 野原櫓

雨水を逃すための樋です。
松山城(松山市丸之内)71



追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県・宮城県・長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2020.05.30    カテゴリ:  旅行 

   湯築城址(松山市道後公園1)

2月の城巡り。
本日のご紹介は湯築城址です。
湯築城址(松山市道後公園)1
こちらは道後公園となっています。

中世の伊予国の守護であった河野氏が南北朝期から戦国期(14世紀前半~16世紀 末)まで、約250年間にわたって居城と していた中世の城郭である湯築城は、近世の城郭が持つ石垣や天守が無く、地形を利用して作られた平山城。

内堀との間の平地部のうちの西側は建物 礎石・土塀などの遺構から「家臣団居住区」、東側は広い区画内に庭園区をとも なう遺構から「上級武士居住区」


土塀が一部残っています。
湯築城址(松山市道後公園)2

湯築城址(松山市道後公園)3

武家屋敷です。
湯築城址(松山市道後公園)5

湯築城址(松山市道後公園)4

土塁と内堀です。
湯築城址(松山市道後公園)7

湯築城址(松山市道後公園)6

湯築城址(松山市道後公園)8

湯築城址(松山市道後公園)9

湯築城址(松山市道後公園)13

地層が見えるようになっていました。
湯築城址(松山市道後公園)10

湯築城址(松山市道後公園)11

岩崎神社です。
湯築城址(松山市道後公園)14

湯築城址(松山市道後公園)15

湯築城址(松山市道後公園)16

湯築城址(松山市道後公園)17

途中の木のところにスピーカーが凄いことになってました。
湯築城址(松山市道後公園)18

遠くに松山城が見えます。
湯築城址(松山市道後公園)20

石造湯釜です。
湯築城址(松山市道後公園)24

湯築城址(松山市道後公園)23



追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県・宮城県・長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2020.05.27    カテゴリ:  旅行 

   今治城(今治市通町3-1-3)

さて、この2月に私は奥さんと四国に行って来ました。
その目的はこれ。
 クラブツーリズム

クラブツーリズムのツアー「四国の日本100名城 全9城へのご案内 四国4県9城めぐり 3日間」です。
奥さんが見つけてきたもので、現存12天守の内の4城も含まれているという超豪華な内容です。

お城は守備範囲外なので、その魅力をどれだけご紹介できるかわかりませんが、ちょこちょこ神社も巡って来ましたので、どうか暖かい目で見てやってくださいませ。

2月9日、羽田空港からの出発。着いてからだいぶ時間に余裕があるはずなので、「ラウンジでコーヒーでも飲みたいね」なんて言っていましたら、あーらギッチョンチョン。
手荷物預かりや搭乗手続きが長蛇の列。まだこの時は今のような状況ではなかったので、早朝にも関わらずツアー客がいっぱいで、なんとかギリギリに飛行機に入り込む始末でした。

途中の上空から見えた富士山。
富士山
こういうアングルで見ることはあまりないので、新鮮でした。

松山空港に着くと、ミカンタワーがお出迎え。
みかんタワー

ここからまずはバスで今治城へ。
今治城は1,608年、藤堂高虎により築城。別名吹揚城(ふきあげじょう)といいます。
城内の港として国内最大級の船入を備えた日本屈指の海城(日本三大水城)だそうです。3つの櫓、堀は海水が入り込んでいます。

土橋を渡っていきます。
今治城(今治市通町)1 土橋を渡る

今治城(今治市通町)4

今治城(今治市通町)28

内堀と武具庫です。
今治城(今治市通町)2 武具櫓と内堀

天守が見えてきました。
今治城(今治市通町)3

石垣の白い石は大理石
今治城(今治市通町)18

今治城(今治市通町)29

今治城(今治市通町)5
鉄御門を入る正面の大きな石は築城の時に石集めをした渡辺勘兵衛にちなんで、勘兵衛石と呼ばれている

鉄御門です。
今治城(今治市通町)6 鉄御門

鉄御門を抜けると藤堂高虎公の像があります。
今治城(今治市通町)10

今治城(今治市通町)8

今治城(今治市通町)12

蒼吹の井戸です。
今治城(今治市通町)13

御金櫓です。
今治城(今治市通町)11御金櫓

天守閣です。
今治城(今治市通町)14

今治城(今治市通町)21

今治城(今治市通町)24

今治城(今治市通町)7

今治城(今治市通町)9

今治城(今治市通町)20

今治城(今治市通町)15

今治城の天守は最初の層塔型天守といわれるが、現在の復天守はなぜか望楼型になっているそうです。
今治城(今治市通町)17

今治城(今治市通町)19

今治城(今治市通町)26

今治城(今治市通町)27

山里櫓です。
今治城(今治市通町)23 山里櫓

今治城(今治市通町)16 御金櫓

今治城(今治市通町)25 山里櫓


今治城(今治市通町)30

今治城(今治市通町)19

天守閣からみた景色。
今治城(今治市通町)31

今治城(今治市通町33

今治城(今治市通町)32




追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県・宮城県・長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2019.05.24    カテゴリ:  旅行 

   馬ケ背・クルスの海(日向市細島)

次に訪れたのは馬ケ背とクルスの海です。
馬ケ背・クルスの海(日南市細島)1

こちらは日本一の柱状節理の景観だそうです。
馬ケ背・クルスの海(日南市細島)2

馬ケ背・クルスの海(日南市細島)3

馬ケ背・クルスの海(日南市細島)5

馬ケ背・クルスの海(日南市細島)4


そして、こちらはクルスの海。
馬ケ背・クルスの海(日南市細島)12

馬ケ背・クルスの海(日南市細島)11

ちょっと方向を変えてみると。
馬ケ背・クルスの海(日南市細島)13



追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 を始めました。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2019.05.04    カテゴリ:  旅行 

   坂元のくろず 「壺畑」

次に桜島に向かう途中で坂元のくろず「壺畑」に寄りました。

このように黒酢の壺が並んでいます。
黒酢7

黒酢8

黒酢2

黒酢3

黒酢10

黒酢9

遠くをみると桜島が見えます。
黒酢5

黒酢6

こちらで食事もいただきました。
黒酢1

前菜とデザートだけで、メインを取り忘れた。(笑)
DSC_0595.jpg

DSC_0596.jpg

売店にて黒酢アイスを食す。
DSC_0597.jpg

その後移動の車窓からの桜島。
桜島1

桜島2

桜島4

桜島5

桜島6



追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 を始めました。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ



Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog