FC2ブログ
プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。   10月 20日、更新
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら そして、 ホームページ 「杜の神社と狛犬さん」
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
フォローおねがいします。
検索フォーム
カテゴリ
よろしくお願いします
当ブログ記事の文章・写真の無断転載を禁止いたします。
QRコード
QR
月別アーカイブ

2018.12.31    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   今年もお世話になりました

平成30年も今日が最後。

「平成最後の〇〇」 というフレーズが頻繁に聞かれるようになりましたね。

さて、この 「杜を訪ねて 第二章」 。
今年も毎日更新を続けてこられました。
前ブログからすると7年半ちょっとということになります。
また、「白獅子・黒狛犬」 のほうも、毎週日曜日継続してアップしてまいりました。
これもご訪問いただく皆様、また応援ポチやコメントを入れてくださる皆様のおかげです。
誠にありがとうございます。

今年は神社記事のほかに、奥さんとの旅行記(雪の大谷と金沢編・四国編)をご報告しましたね。
そして、おっさん一人旅は初めて関西地方から離れて、東北は仙台の地を訪れて、個性的な狛犬さんとの多くの出会いもありました。

また、通常の月1回の神社巡りも、今まで回った地域の中で見落としたり回り切れなかった神社をピックアップして繋いで回るという、ミッシングリンクを回ることが多かったですね。
見落とした神社の中にもまだまだいい狛犬さんが多くいて、神社巡りの奥の深さを実感することともなりました。

今年は残念ながら、ランキングサイトのプログラムが終了してしまい、つながりのなくなってしまった方も多くありましたが、ツイッターの方でまた新たな出会いもあったりと、人とのご縁にもいろいろな変化のあった年でもありました。

来年は天皇陛下の譲位により、新たな時代が始まります。
昭和の半ば生まれとしては、二時代前の人間ということになります。
あら還間近のオヤジとしては、体力気力の低下は否めず、いつまで今のスタイルの神社巡りを続けらるものか甚だ不安ではありますが、気持ちだけは若くもつようにして、やってまいりたいと思っています。

大変拙いブログではございますが、来年は通算9年目に突入いたします。
これからもどうぞ温かい目で見守っていただければ幸いです。

では、今年もお世話になりました。
来年も皆様にとって良い年となりますようにお祈り申し上げます。
よいお年をお迎えください。



本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。



追記
毎年恒例 「たっつん神社」 今回もやります。
今日の23時半頃から、正月三が日限定です。
どうぞご参拝をお待ちしております。





スポンサーサイト



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2018.12.30    カテゴリ: 東京都江戸川区 

   荒木稲荷(江戸川区平井)

10月21日、5社目。

本日のご紹介は荒木稲荷です。
荒木稲荷(江戸川区平井)1

鳥居です。
荒木稲荷(江戸川区平井)2

扁額です。
荒木稲荷(江戸川区平井)3

お狐様です。
荒木稲荷(江戸川区平井)5  荒木稲荷(江戸川区平井)4

お社です。
荒木稲荷(江戸川区平井)6




本日も皆様にとっていい1日となりますように。
そして、また明日も。





追記
毎年恒例、たっつん神社。
今回もお正月三が日限定でアップします。
今年も二年参りに用に明日23時半位からはアップする予定ですので、お越しいただければ幸いです。



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2018.12.29    カテゴリ: 東京都墨田区 

   東墨田白髭神社(墨田区東墨田)

10月21日、4社目。

本日のご紹介は東墨田白髭神社です。
東墨田白髭神社(墨田区東墨田)1

扁額です。
東墨田白髭神社(墨田区東墨田)2

手水舎です。
東墨田白髭神社(墨田区東墨田)3

狛犬さんです。
東墨田白髭神社(墨田区東墨田)12  東墨田白髭神社(墨田区東墨田)8

東墨田白髭神社(墨田区東墨田)13  東墨田白髭神社(墨田区東墨田)9

東墨田白髭神社(墨田区東墨田)14  東墨田白髭神社(墨田区東墨田)10

東墨田白髭神社(墨田区東墨田)15  東墨田白髭神社(墨田区東墨田)11

東墨田白髭神社(墨田区東墨田)16

東墨田白髭神社(墨田区東墨田)17

ご由緒書きです。
東墨田白髭神社(墨田区東墨田)5

東墨田白髭神社(墨田区東墨田)18

拝殿です。
東墨田白髭神社(墨田区東墨田)4

東墨田白髭神社(墨田区東墨田)6

本殿です。
東墨田白髭神社(墨田区東墨田)7



本日も皆様にとっていい1日となりますように。
そして、また明日も。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2018.12.28    カテゴリ: 東京都墨田区 

   木下稲荷神社(墨田区八広)

10月21日、3社目。

本日のご紹介は木下稲荷神社です。
木下稲荷神社(墨田区八広)1
こちらは昨日の日枝神社の境内に隣接しています。

鳥居です。
木下稲荷神社(墨田区八広)2

扁額です。
木下稲荷神社(墨田区八広)3

お狐様です。
木下稲荷神社(墨田区八広)5  木下稲荷神社(墨田区八広)4

お社です。
木下稲荷神社(墨田区八広)6  

木下稲荷神社(墨田区八広)7

お百度石です。
日枝神社(墨田区八広)13

神輿庫です。
日枝神社(墨田区八広)14



本日も皆様にとっていい1日となりますように。
そして、また明日も。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2018.12.27    カテゴリ: 東京都墨田区 

   日枝神社(墨田区八広)

10月21日、2社目。

本日のご紹介の日枝神社です。
日枝神社(墨田区八広)2

鳥居です。
日枝神社(墨田区八広)3

扁額です。
日枝神社(墨田区八広)4

社号標です。
日枝神社(墨田区八広)5

狛犬さんです。
日枝神社(墨田区八広)7  日枝神社(墨田区八広)6

手水舎です。
日枝神社(墨田区八広)8

拝殿です。
日枝神社(墨田区八広)9

日枝神社(墨田区八広)11

扁額です。
日枝神社(墨田区八広)10

本殿です。
日枝神社(墨田区八広)12

裏参道の入り口です。
日枝神社(墨田区八広)1





本日も皆様にとっていい1日となりますように。
そして、また明日も。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2018.12.26    カテゴリ: 東京都墨田区 

   下稲荷神社(墨田区墨田)

さて、今日から10月の神社巡りのご紹介です。

今回は東武線の鐘ヶ淵駅から出発し、墨田区と江東区のミッシングリンクを埋めて行きます。

10月21日、晴れ。

まず1社目のご紹介は下稲荷神社です。
下稲荷神社(墨田区墨田)1

鳥居です。
下稲荷神社(墨田区墨田)2

扁額です。
下稲荷神社(墨田区墨田)3

手水舎です。
下稲荷神社(墨田区墨田)4

お社です。
下稲荷神社(墨田区墨田)5

下稲荷神社(墨田区墨田)6

石塔です。
下稲荷神社(墨田区墨田)7



本日も皆様にとっていい1日となりますように。
そして、また明日も。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2018.12.25    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   本当に「本当に住みやすい町ランキング1位」?

秋がバビューンと駆け足で通り抜けて、朝晩めっきりと冷え込むようになりましたね。
気候の変化についていけず、日々溜まる疲れに「あー、会社行きたくねー」などとほざいている私です。
 
さて、先日ネットのニュースを見ていて、「えー、ほんとかよ!?」と思ったのが、「本当に住みやすい町ランキング1位」に赤羽が選ばれたという記事でした。

実は私が生まれてから26年ほど過ごしたのが、東京都北区の志茂(しも)という町で、ここはJR 赤羽駅から東に1kmくらいいったところです。

それなのでほぼほぼ地元ということなのですが、まさか赤羽の知名度が今のように全国区になるなど、子供の頃には思いもよらないことでしたね。

当時は場末ということで、「川を渡れば埼玉さ」などと自嘲(その後埼玉に住んだり、仕事もさせていただいたりと埼玉にはお世話になってますよー)したりしておりました。

それが、昼飲みができるとかディープな町ということで脚光を浴びるのですから、実家を出て約30年、変われば変わるものです。

さて、そんな赤羽。
子供の頃は西友とダイエーが2棟ずつあったのが密かな自慢だったり、自転車で荒川の土手を思いっきり暴走したりといろいろな思い出が残っており、先日の12月の神社巡りでこの辺りを久々にまわったりして、懐かしく思い出していました。

そういえば、昔埼京線が開通する前は、赤羽線といって赤羽~池袋を往復する路線が走っており、色は黄色で初期の頃は床が板張りの電車でした。(昭和40年前半頃の話です。)

故郷は遠きにありて思うものと言いますが、十年一昔どころかその3倍の時間が経過して、記憶の中の町とは変貌を遂げていく赤羽。
これからもますます変わっていくのでしょうね。




本日も皆様にとっていい1日となりますように。
そして、また明日も。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2018.12.24    カテゴリ:  香川県 

   金刀比羅宮(仲多度郡琴平町字川西)  後編

昨日の続きです。

さらに階段を登ります。
IMG_1163.jpg

御年神社です。
IMG_1164.jpg

IMG_1165.jpg

鳥居です。
IMG_1166.jpg

事知神社です。
IMG_1167.jpg

IMG_1168.jpg

狛犬さんです。
IMG_1170.jpg  IMG_1169.jpg

IMG_1173.jpg  IMG_1171.jpg

IMG_1172.jpg

IMG_1174.jpg

拝殿です。
IMG_1175.jpg

IMG_1179.jpg

神殿狛犬さんです。
IMG_1177.jpg  IMG_1176.jpg

本殿です。
IMG_1180.jpg

御饌殿です。
IMG_1181.jpg

舞殿です。
IMG_1182.jpg

ご神木です。
IMG_1183.jpg

南渡殿です。
IMG_1184.jpg

IMG_1185.jpg

睦魂神社です。
IMG_1186.jpg

IMG_1187.jpg

狛犬さんです。
IMG_1190.jpg  IMG_1188.jpg

IMG_1191.jpg  IMG_1189.jpg

IMG_1192.jpg

IMG_1193.jpg

お社です。
IMG_1194.jpg

狛犬さんです。
IMG_1195.jpg

IMG_1196.jpg

神庫です。
IMG_1197.jpg

IMG_1198.jpg

南渡殿から拝殿・本殿を望む。
IMG_1199.jpg

三穂津姫社です。
IMG_1200.jpg

IMG_1202.jpg

IMG_1201.jpg

IMG_1205.jpg

狛犬さんです。
IMG_1206.jpg  IMG_1203.jpg

IMG_1207.jpg  IMG_1204.jpg

IMG_1209.jpg  IMG_1208.jpg

神馬の像です。
IMG_1210.jpg

厳島神社です。

IMG_1212.jpg

絵馬殿です。
IMG_1213.jpg

IMG_1214.jpg

IMG_1215.jpg

IMG_1216.jpg

灯籠基部の獅子のレリーフです。
IMG_1217.jpg

鳥居です。
IMG_1218.jpg

大山祇神社です。
IMG_1221.jpg

IMG_1222.jpg

狛犬さんです。
IMG_1220.jpg  IMG_1219.jpg

旭社です。
IMG_1229.jpg

IMG_1226.jpg

IMG_1223.jpg

IMG_1224.jpg

IMG_1227.jpg

IMG_1228.jpg



今回の金刀比羅宮の階段の多さも、狛犬さんが一杯の状態で気になりませんでした。



今回の四国旅行記と神社のご紹介、いかがでしたでしょうか。

初四国でしたが、ツアーのおかげでいろいろと回ることができました。





本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。






にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2018.12.23    カテゴリ:  香川県 

   金刀比羅宮(仲多度郡琴平町字川西)  前編

四国の神社紹介のラストは金刀比羅宮です。
IMG_1065.jpg

あそこ(象頭山)を目指します。
IMG_1066.jpg

門前町です。
IMG_1067.jpg

参道の階段の始まりです。
IMG_1068.jpg

道標です。
IMG_1069.jpg
ここでツアーご一行は金丸座の方に立ち寄ってから、大門へ向かうので、私は奥さんと別行動で参道を進みます。

一の坂にいた備前焼の狛犬さんです。
IMG_1071.jpg  IMG_1070.jpg

IMG_1072.jpg

IMG_1073.jpg

IMG_1074.jpg

鳥居です。
IMG_1075.jpg

扁額です。
IMG_1076.jpg

灯明堂と釣灯籠です。
IMG_1078.jpg

IMG_1077.jpg

宮司さんの銅像です。
IMG_1080.jpg

IMG_1079.jpg

大門が見えてきました。
IMG_1081.jpg

青銅大灯籠です。
IMG_1082.jpg

鼓楼です。
IMG_1083.jpg

大門です。
IMG_1084.jpg

IMG_1095.jpg

狛犬さんです。
IMG_1089.jpg  IMG_1085.jpg

IMG_1090.jpg  IMG_1086.jpg

IMG_1091.jpg  IMG_1087.jpg

IMG_1092.jpg  IMG_1088.jpg

IMG_1093.jpg

IMG_1094.jpg
 
大門をくぐると五人百姓が加美代飴を商っています。
IMG_1096.jpg

IMG_1097.jpg

IMG_1098.jpg

狛犬さんです。
IMG_1101.jpg  IMG_1099.jpg

IMG_1102.jpg  IMG_1100.jpg

IMG_1104.jpg

IMG_1105.jpg

鳥居です。
IMG_1106.jpg

IMG_1107.jpg

扁額です。
IMG_1108.jpg

参道には灯篭が並んでいます。
IMG_1109.jpg

鳥居です。
IMG_1110.jpg

さざれ石です。
IMG_1111.jpg

こんぴら狗です。
IMG_1112.jpg  IMG_1114.jpg

IMG_1113.jpg

なぜか 「アフリカゾウが好きッ‼」
IMG_1115.jpg

海の神様らしく船のスクリューが奉納されています。
IMG_1116.jpg

神馬舎です。
IMG_1117.jpg

IMG_1118.jpg

あまりこっちを向いてくれません。
IMG_1119.jpg

狛犬さんです。
IMG_1121.jpg  IMG_1120.jpg

鳥居です。
IMG_1122.jpg

書院です。
IMG_1123.jpg

IMG_1124.jpg

階段を上っていきます。
IMG_1125.jpg

神馬の像です。
IMG_1126.jpg

手水鉢です。
IMG_1127.jpg

祓戸社です。
IMG_1128.jpg

IMG_1129.jpg

火雷社です。
IMG_1130.jpg

IMG_1131.jpg

灯篭の上には獅子がいます。
IMG_1132.jpg

IMG_1134.jpg  IMG_1133.jpg

鳥居です。
IMG_1135.jpg

手水舎です。
IMG_1136.jpg

狛犬さんです。
IMG_1140.jpg  IMG_1137.jpg

IMG_1141.jpg  IMG_1138.jpg

IMG_1142.jpg  IMG_1139.jpg

もう一対狛犬さんです。
IMG_1144.jpg  IMG_1143.jpg

賢木門(さかきもん)です。
IMG_1145.jpg

IMG_1146.jpg

遥拝所です。
IMG_1147.jpg

狛犬さんです。
IMG_1149.jpg  IMG_1148.jpg

IMG_1150.jpg

IMG_1151.jpg

鳥居です。
IMG_1153.jpg

IMG_1152.jpg

真須賀神社です。
IMG_1154.jpg

IMG_1156.jpg

IMG_1155.jpg

狛犬さんです。
IMG_1160.jpg  IMG_1157.jpg

IMG_1161.jpg  IMG_1158.jpg

IMG_1159.jpg

IMG_1162.jpg


長くなりますので、明日に続きます。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

2018.12.22    カテゴリ:  愛媛県 

   湯神社 中嶋神社

本日のご紹介はまず湯神社です。
IMG_1017.jpg

社号標です。
IMG_1018.jpg
 
祠です。
IMG_1019.jpg

手水鉢です。
IMG_1028.jpg

ご由緒書きです。
IMG_1027.jpg

拝殿です。
IMG_1030.jpg

IMG_1029.jpg

IMG_1032.jpg

扁額です。
IMG_1031.jpg

本殿です。
IMG_1033.jpg

裏参道の鳥居、社号標、手水舎です。
IMG_1037.jpg

IMG_1036.jpg

IMG_1035.jpg

そしてその隣に中嶋神社が鎮座しています。

手水舎です。
IMG_1020.jpg

拝殿です。
IMG_1021.jpg

IMG_1023.jpg

扁額です。
IMG_1022.jpg

本殿です。
IMG_1024.jpg

ご由緒書きです。
IMG_1026.jpg

末社です。
IMG_1025.jpg



四国の神社のご紹介、明日がラストです。
そう、もうあそこしかないですよね。


本日も皆様にとっていい1日となりますように。
そして、また明日も。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ



Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog