FC2ブログ
プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。   10月 20日、更新
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら そして、 ホームページ 「杜の神社と狛犬さん」
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
フォローおねがいします。
検索フォーム
カテゴリ
よろしくお願いします
当ブログ記事の文章・写真の無断転載を禁止いたします。
QRコード
QR
月別アーカイブ

2019.05.22    カテゴリ:  宮崎県 

   宮崎神宮 & 宮崎県護国神社(宮崎市神宮)

次に訪れたのは宮崎神宮です。

社号標です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)2

手水舎です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)3

一の鳥居です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)18

二の鳥居です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)4

神門です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)5

拝殿です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)11

宮崎神宮(宮崎市神宮)14
なんでこんなに人が多いのかと思ったら、この日は5月1日、つまり令和の初日でその為に参拝する方が多かったようです。

扁額です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)10

本殿です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)8

宮崎神宮(宮崎市神宮)9

ご由緒書きです
宮崎神宮(宮崎市神宮)15

古代舟 おきよ丸です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)16

宮崎神宮(宮崎市神宮)17

末社の五所稲荷神社です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)19

扁額です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)22

鳥居が続きます。
宮崎神宮(宮崎市神宮)19

宮崎神宮(宮崎市神宮)23

鳥居とお社です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)24

扁額です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)25

狛犬さんです。
宮崎神宮(宮崎市神宮)31 宮崎神宮(宮崎市神宮)27

宮崎神宮(宮崎市神宮)32 宮崎神宮(宮崎市神宮)28

宮崎神宮(宮崎市神宮)33 宮崎神宮(宮崎市神宮)29

宮崎神宮(宮崎市神宮)34 宮崎神宮(宮崎市神宮)30

お社です。
宮崎神宮(宮崎市神宮)26

朔日参りの神事の為でしょうか、神職の方が祓所にいらっしゃいました。
宮崎神宮(宮崎市神宮)50

宮崎神宮(宮崎市神宮)37

宮崎神宮(宮崎市神宮)46

宮崎神宮(宮崎市神宮)49


そして、こちらは宮崎県護国神社です。
宮崎県護国神社(宮崎市神宮)2

宮崎県護国神社(宮崎市神宮)1

宮崎県護国神社(宮崎市神宮)3

宮崎県護国神社(宮崎市神宮)4

宮崎県護国神社(宮崎市神宮)5


追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 を始めました。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。



スポンサーサイト



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

こんにちは。。。
まだまだ異形な狛犬さんが出てくるのですね・・・
ビックリです。。。
それでは。。。
Vivid Mr.Kさんへ

コメントをいただきありがとうございました。

宮崎は個性的な狛犬さんが多くいる興味深い土地ですね。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog