FC2ブログ
プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。 5月9日更新         
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら そして、 ホームページ 「杜の神社と狛犬さん」
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
フォローおねがいします。
杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
検索フォーム
カテゴリ
よろしくお願いします
当ブログ記事の文章・写真の無断転載を禁止いたします。
QRコード
QR
月別アーカイブ

2019.09.09    カテゴリ: 千葉県市川市 

   葛飾八幡宮 (市川市八幡)

6月2日、23社目。
今回のラストです。

本日のご紹介は葛飾八幡宮です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)1

社号標です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)2

ご由緒書です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)3

葛飾八幡宮(市川市八幡)18

二の鳥居です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)4

狛犬さんです。(安永6年奉献)
葛飾八幡宮(市川市八幡)10  葛飾八幡宮(市川市八幡)6

葛飾八幡宮(市川市八幡)11  葛飾八幡宮(市川市八幡)7

葛飾八幡宮(市川市八幡)12  葛飾八幡宮(市川市八幡)8

葛飾八幡宮(市川市八幡)13  葛飾八幡宮(市川市八幡)9

楼門です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)5

神門です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)15

扁額です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)17

手水舎です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)19

拝殿です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)20

葛飾八幡宮(市川市八幡)21

葛飾八幡宮(市川市八幡)45

本殿です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)25

ご神木の千本公孫樹です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)22

葛飾八幡宮(市川市八幡)23

葛飾八幡宮(市川市八幡)24

鐘楼がありました。
葛飾八幡宮(市川市八幡)26

力石です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)27

源頼朝公の駒留めの石です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)28

末社の厳島社です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)29

葛飾八幡宮(市川市八幡)30

末社の天満宮です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)32

葛飾八幡宮(市川市八幡)33

末社の尾上稲荷社です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)34

葛飾八幡宮(市川市八幡)36  葛飾八幡宮(市川市八幡)35

葛飾八幡宮(市川市八幡)37

道祖神です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)38

葛飾八幡宮(市川市八幡)43

末社の八坂社です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)39

葛飾八幡宮(市川市八幡)41  葛飾八幡宮(市川市八幡)40

葛飾八幡宮(市川市八幡)42

末社の浅間社です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)44

舞殿です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)46

葛飾八幡宮(市川市八幡)47

葛飾八幡宮(市川市八幡)48

神輿庫です。
葛飾八幡宮(市川市八幡)31



今回の神社巡り、全23社28.9kmでした。
市川周遊

千葉の地の本格的な神社巡りは初めてでしたが、いろいろなタイプの狛犬さんがいて楽しめました。(あの水没事件がなければもっとよかったけれど……)




追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。

スポンサーサイト



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

おはようございます。
今回のシリーズは私が注目していた北総線
の駅近くの神社もあり、大変参考になりました

さて、葛飾八幡宮ですが御神木が立派で
扁額は八の字か鳩というところがいいですね。


だまけんさんへ

コメントをいただきありがとうございました。

千葉県は私のところからだとほぼ東京を横断しなければならないので、なかなか足が向かなかったのですが、今回は狛犬さんの宝庫でいい神社巡りでした。

ご神木は本当に立派なものでしたね。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog