FC2ブログ
プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。 5月9日更新         
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら そして、 ホームページ 「杜の神社と狛犬さん」
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
フォローおねがいします。
杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
検索フォーム
カテゴリ
よろしくお願いします
当ブログ記事の文章・写真の無断転載を禁止いたします。
QRコード
QR
月別アーカイブ

2020.06.06    カテゴリ:  旅行 

   高知城(高知市丸ノ内1-2-1)

2月の神社巡り
2日目の最後にちょこっとだけ高知城をみて、高知城歴史博物館を覗いてみました。
高知城(高知市丸ノ内)1

高知城(高知市丸ノ内)2

高知城(高知市丸ノ内)3

高知城(高知市丸ノ内)4

高知城(高知市丸ノ内)5

高知城(高知市丸ノ内)6

高知城(高知市丸ノ内)7

高知城(高知市丸ノ内)8

高知城(高知市丸ノ内)9

高知城(高知市丸ノ内)10
その後私は神社へ(笑)


翌日、改めて訪問。

追手門は石垣の上に渡櫓を載せた櫓門 追手門と天守を1枚の写真に納めること のできる、全国でも珍しいお城 石垣の至る所に石樋という排水設備 天守の外観は4重、内部は3層6階建てに なっていて、入母屋造りの屋根の上に望 楼を載せた形


山之内一豊公の騎馬像です。
高知城(高知市丸ノ内)11

高知城(高知市丸ノ内)12

追手門です。
高知城(高知市丸ノ内)13

高知城(高知市丸ノ内)14

高知城(高知市丸ノ内)15

追手門から見た天守です。
高知城(高知市丸ノ内)16

追手門を入っていきます。
高知城(高知市丸ノ内)17

高知城(高知市丸ノ内)19

高知城(高知市丸ノ内)21

これ笑えます。
高知城(高知市丸ノ内)18

高知城(高知市丸ノ内)20

板垣退助の像です。
高知城(高知市丸ノ内)22

ちろちろと天守を見ながら進みます。
高知城(高知市丸ノ内)23

高知城(高知市丸ノ内)28

高知城(高知市丸ノ内)26

高知城(高知市丸ノ内)32

高知城(高知市丸ノ内)33

排水のための石樋が大きいですね。
高知城(高知市丸ノ内)24

高知城(高知市丸ノ内)25

高知城(高知市丸ノ内)29

山之内一豊の妻の像です。
高知城(高知市丸ノ内)27

愛妻の碑です。
高知城(高知市丸ノ内)30 高知城(高知市丸ノ内)31

詰門です。
高知城(高知市丸ノ内)34

高知城(高知市丸ノ内)35

黒鉄門です。
高知城(高知市丸ノ内)39

天守の内部に入っていきます。
高知城(高知市丸ノ内)38

高知城(高知市丸ノ内)36

高知城(高知市丸ノ内)37

高知城(高知市丸ノ内)40

高知城(高知市丸ノ内)41

高知城(高知市丸ノ内)42

高知城(高知市丸ノ内)43

高知城(高知市丸ノ内)44

高知城(高知市丸ノ内)45

高知城(高知市丸ノ内)46

高知城(高知市丸ノ内)47

高知城(高知市丸ノ内)48

高知城(高知市丸ノ内)49

高知城(高知市丸ノ内)50

高知城(高知市丸ノ内)51

高知城(高知市丸ノ内)52

鐘楼もありました。
高知城(高知市丸ノ内)53

高知城(高知市丸ノ内)54

高知城(高知市丸ノ内)56

高知城(高知市丸ノ内)61

高知城(高知市丸ノ内)62

忍び返しでしょうか。
高知城(高知市丸ノ内)57

高知城(高知市丸ノ内)58

高知城(高知市丸ノ内)59

高知城(高知市丸ノ内)55

高知城(高知市丸ノ内)67

長曾我部期の石垣が残っています。
高知城(高知市丸ノ内)63

高知城(高知市丸ノ内)64

水路の遺構です。
高知城(高知市丸ノ内)65

高知城(高知市丸ノ内)66









追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県・宮城県・長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。
スポンサーサイト



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog