FC2ブログ
プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。 5月9日更新         
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら そして、 ホームページ 「杜の神社と狛犬さん」
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
フォローおねがいします。
杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
検索フォーム
カテゴリ
よろしくお願いします
当ブログ記事の文章・写真の無断転載を禁止いたします。
QRコード
QR
月別アーカイブ

2020.06.13    カテゴリ:  旅行 

   高松城址(高松市玉藻町2-10) & 徳島城址(徳島市徳島町城内)

2月の城巡り。
本日がラストです。

まずは高松城址。
高松城址(高松市玉藻町)1

別名「玉藻城」 近世城郭の海城としては、最初で最大の 例で、「讃州さぬきは高松さまの城が見 えます波の上」と謡われている。本丸に 建てられた天守は、最下重が萩城や熊本 城の天守のように天守台より出張り、最 上重が小倉城や岩国城の天守のように 「唐造り」であった。 城郭の形式は輪郭式平城で、本丸を中心 に二の丸、三の丸、北の丸、東の丸、桜 の馬場、西の丸が時計回りに配置され、 3重に堀が廻らされていた。

鞘橋です。
高松城址(高松市玉藻町)2

高松城址(高松市玉藻町)3

天守跡です。
高松城址(高松市玉藻町)4

高松城址(高松市玉藻町)5

高松城址(高松市玉藻町)15

堀がそばまで来ていますね。
高松城址(高松市玉藻町)6

高松城址(高松市玉藻町)7

高松城址(高松市玉藻町)8

高松城址(高松市玉藻町)9

水門です。
高松城址(高松市玉藻町)16

打ち込みハギです。
高松城址(高松市玉藻町)10

月見櫓です。
高松城址(高松市玉藻町)12

高松城址(高松市玉藻町)11

高松城址(高松市玉藻町)13

艮櫓(うしとらやぐら)です。
高松城址(高松市玉藻町)17





最後は徳島城址です。
徳島城址(徳島市徳島町城内)9

市の中央にそびえる城山は、形がイノシ シに似てることから「猪の山」といわれ、 また、その地勢が中国の謂水の風景に似 ているので「謂津」とも名付けられた。 この城は細川頼之が築城したが、その後、 三好・長曽我部を経て天正13(1585)年 に蜂須賀家政が入り、これを修築し阿波 の本拠となった

こちらは石垣のみ残っているようです。
徳島城址(徳島市徳島町城内)1

徳島城址(徳島市徳島町城内)2

徳島城址(徳島市徳島町城内)3

徳島城址(徳島市徳島町城内)4

徳島城址(徳島市徳島町城内)5

徳島城址(徳島市徳島町城内)6

徳島城址(徳島市徳島町城内)10

徳島城址(徳島市徳島町城内)11

徳島城址(徳島市徳島町城内)12

徳島城鷲の門です。
徳島城址(徳島市徳島町城内)8
徳島城址(徳島市徳島町城内)7


今回の四国9城巡りいかがでしたでしょうか。
お城巡りは楽しかったのですが、やはり知識不足で記事上でうまくお伝え出来なかったのが残念です。

また城巡りの合間や朝・夕など私一人が神社を回っている間、いろいろな手配や買い物をしてくれた奥さんには感謝です。


このような形で安心して旅行ができる日が来ることを祈りつつ、今回のシリーズを終わります。
四国




追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県・宮城県・長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。
スポンサーサイト



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog