FC2ブログ
プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。 11月29日更新         
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら そして、 ホームページ 「杜の神社と狛犬さん」
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
フォローおねがいします。
杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
検索フォーム
カテゴリ
よろしくお願いします
当ブログ記事の文章・写真の無断転載を禁止いたします。
QRコード
QR
月別アーカイブ

2020.10.26    カテゴリ:  たっつんのモノローグ 

   三代目はe-bike

最終兵器導入の記事でもお伝えしましたが、この度、神社巡りのための自転車に新車を導入しました。

シルヴァ君は今回の10月の神社巡りで引退ということとなりました。

今度の自転車は今までと同様、輪行のための折りたたみ自転車ですが、決定的に違うところがあります。
それは今回の自転車はe-bikeだということです。

e-bikeとは一般的に「スポーツタイプの電動自転車」のことを指しますが、日本では走行性能が高い、またはスタイリッシュな見た目の電動自転車を言うようです。

e-bikeを導入するにあたって一番重視したのはやはり重量。
私は電車による輪行が必要なため、移動の際にその重量は死活問題です。
いろいろと探していると軽いものは結構出てきているようですが、耐久性や自分の体格(身長178cm・体重はナイショ)を考えると不安が残り食指が動きません。
しかし、頑丈さを求めると重量が20kgを超えてしまうため、それを担いで駅のホームを移動するのは至難の業です。

そこで、やっと見つけたのが本来はバイクのパーツメーカーであるデイトナが出しているe-bike「De-01」です。
自転車1
重さは、何とか担げるかという16.8kg。

こちらはノーマル・S・Xと3つのタイプがありますが、私はノーマルを選びました。
実際神社巡りで移動する際、特に坂を上るのが困難な為のe-bike導入ですので、走りがどうのというのは優先しないので、ノーマルで十分。その分、自分で使いやすくするためのオプションにお金をかけるようにしました。
自転車4

こちらが車体の後ろ部分ですが、バッテリーはどこでしょうか?
自転車2

実はこの茶色いケースの中にパッテリーが入っています。
自転車3
見た目がおしゃれなので、かなり人気のある車種らしく、さらにコロナの影響で通勤を自転車に切り替える人も多いためか、注文してからずいぶん待たされましたが、やっと家にきましたねー。

このバッテリー、USBケーブルをつないでスマホを充電することもできるので、ナビのために充電バッテリーを持ち歩く必要もなくなりました。
ただ、このバッテリー外せるようになっていますが、お店の方曰く 「この取っ手の部分を持つと本体が重いので、取っ手が取れやすいので、本体を持つようにしてください。」 ………何のための取っ手やら(笑)


まだ、ほんのちょっとだけしか乗っていませんが、やはり走り出しは凄い。坂道はまだシフトのセレクトが良く分かっていないので何とも言えませんが、スイスイ登ってくれそうです。



11月の神社巡りはデイトナ君でどこへ行きましょうかねー。



追記
ホームページ 神社データベース「杜の神社と狛犬さん」 現在、東京都及び埼玉県・神奈川県・宮城県・長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県・京都府・大阪府の神社地図とデータベースを公開中。
よろしかったら覗いてみてください。


本日も皆様にとっていい一日となりますように。
そして、また明日も。
スポンサーサイト



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog