FC2ブログ
プロフィール

たっつん

Author:たっつん
杜へようこそ!

月1回のペースで東京近郊(時には遠征)の神社巡りをしています。
狛犬さんとの出会いが、神社巡りの原動力!

杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
「白獅子・黒狛犬」 更新情報
「杜を訪ねて 第二章」 の姉妹ブログ  「白獅子・黒狛犬」は毎週日曜日更新します。 1月17日更新         
「白獅子・黒狛犬」はこちら 旧ブログ 「杜を訪ねて」はこちら そして、 ホームページ 「杜の神社と狛犬さん」
ランキングに参加しています
各ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

それぞれポチしていただけると、明日も頑張れます。
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
フォローおねがいします。
杜を訪ねて 第二章 - にほんブログ村
検索フォーム
カテゴリ
よろしくお願いします
当ブログ記事の文章・写真の無断転載を禁止いたします。
QRコード
QR
月別アーカイブ

2018.04.25    カテゴリ:  旅行 

   番外編 4月の旅行 雪の大谷

さて、黒部ダムを後にして、日本で唯一全線地下を走るケーブルカーに乗り込み黒部平へ。
雪の大谷16

雪の大谷18

黒部平に着いてさあローブウェイで大観峰にと思った矢先、添乗員さんから恐怖の宣告が……「混雑の為、ローブウェイに乗るのに2時間半待ちです。」
がびーん!!

ええ、ええ、どーしようもないので待ちましたよ。
お土産物を見たり、立山ブラックソフト(ビターチョコです。イカ墨じゃないよ~)やワサビコロッケを食べたりしながら2時間半。
雪の大谷19

雪の大谷20

でやっと順番が来て、黒部平とはおさらば~。
雪の大谷1

雪の大谷2

雪の大谷3

雪の大谷4

雪の大谷17
景色だけは良かったねー。

大観望に着いて、更に室堂に向かう為のトロリーバスに乗りやっと室堂に着いたのが1620分。
雪の大谷5
暗くなる前に間に合って良かった。

奥さんのテンションがハイMax の状態で雪の大谷に突入!!
雪の大谷6

雪の大谷7

雪の大谷8

雪の大谷11

雪の大谷12

バスと比べてもこんなに高い。
雪の大谷9

雪の大谷13

雪の大谷15

雪の大谷22

こちらが雪の大谷の最高地点。
雪の大谷10
今年は先週からのオープンで高さ17mあります。

雪のしま模様はこんな感じになっています。
雪の大谷21
近畿日本ツーリストの担当の方が、会社の研修で行ったときは時期が最後の頃だったので、雪も薄汚れた状態だったとおっしゃていましたねー。

この立山熊太郎君が頑張って道を作ってくれたそうです。
雪の大谷23

雪の大谷24

そんなこんなで、雪の大谷を満喫したわけですが、我々が入った少し後には、時間の関係ではいれなかった人も多かったようですね。

最後のトドメに美女平でもケーブルカーに乗るために延々と待ち続け、バスに乗り込みホテルに着いたのが21:30。

1日目は延々と待ち続けた時間が長かったので、食事をして温泉に入ってバタンキューでした。





本日も皆様にとっていい1日となりますように。
そして、また明日も。



追記
今日は私の誕生日。
つくづく年を取ったなぁと感じる今日この頃。
毎日を健康で過ごせればいいなぁと思います。
スポンサーサイト



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ

凄いです v-17
お誕生日おめでとうございます!黒部良いですね!
3回位行きましたが何度行ってもそのたびに感動します☆
立山も登ったなな~なんて
懐かしく思いました。でも、土日ってすごい混んでるのですね
これからも、益々。ご活躍を!
お誕生日おめでとうございます。
健やかで、また素晴らしい狛犬さんとの出会いがありますように。

黒部ダムはうらやましいです。
僕もきかいをみつけては、いってみたいとおもいます。
ボスさんへ

コメントをいただきありがとうございました。

私も初めてでしたが、これだけ雪が降るというのも凄いことですよね。
シャインさんへ

コメントをいただきありがとうございました。

ありがとうございます。

とにかくすごい人でした。この顛末については最後にちょこっと書かせていただきます。
雨男博士さんへ

コメントをいただきありがとうございました。

ありがとうございます。
より多くの狛犬さんに出会いたいですね。

黒部ダムも初めてでしたが、観光放水の時期でなかったのが残念です。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 杜を訪ねて 第二章 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog